社員研修の内容は立場で様々です

社員研修は受ける社員の立場によって内容は変わってきます。
若手は会社の仕事に貢献出来るスキルを身に付けないといけないので、パソコンスキルを身につけさせたり思考をポジティブにする考え方を身につけさせたりします。
中堅社員は部下を持つ立場になるので、部下をコーチング出来るスキルを身につけさせます。
部下の仕事の目標をサポート出来れば企業全体のスキルアップにつながっていくからです。
管理職になれば組織を効率的に運用するスキルを身につけないといけません。
一言で言えばリーダーシップを発揮してもらう事ですが、これが身につけば社員のモチベーションアップにつながったり、業務の効率が高まる指針を打ち出せるようになります。
若手社員の研修はどこの会社でも似ていますが、管理職になってくると会社によって求めるものが違ってきます。
会社の特性に合わせて細かな教育コースを選択して、会社の戦力になる社員を育成する事が大事です。
社内で出来ない部分は外部の社員研修を使ってスキルアップを図る方法もあります。